top of page

【必見】副詞の発音マスターする2つのポイント

こんにちは、発音トレーナーのセイダイです。


この記事では、-tlyで終わる単語の発音方法のコツを解説していきます!


目次▼



-tly-dlyの発音するのが難しい


みなさんは、これらの単語を普段どうやって発音していますか?


definitely   recently   absolutely  currently   friendly


実際に発音してみると、-tly-dlyの発音するのが難しく感じる方が結構いるかと思います。


副詞の単語を発音する際に、以下2つのポイントをおさえる事によってもっとスムーズに発音することができるようになります。

  1. 単語の構成を理解する

  2. Tにはストップするパターンがある


単語の構成を理解する


基本的な単語の形成される順番として、


名詞→形容詞→副詞という順番があります。


例)beauty(名詞)→beautiful(形容詞)→beautifully(副詞)


Tにはストップするパターンがある


Tにはいくつかの発音方法があります。


例えば、Take it と言う発音する際に


人によってはトゥとtを破裂させ発音する人もいますし、tを止めて発音する人もいます。


✅トゥとTを破裂させ発音するときは、舌先が上顎に触れて、離れる動作に対して、


Tを止めるときの発音(ストップT)の仕方は、舌を上顎でで止めておきます。


弾かないのがポイントです。


2つのポイントをおさえて単語を発音する


definitely


【構成】 Definite(形容詞)+ly→definitely(副詞)


【ストップT】 Defini(te) →(te)の発音をせず、Definiだけを発音します。

そこにーlyを付け足して、defini(te)lyと発音することができます。


Tを発音しないと物足りなく感じるかもしれませんが、Tを止めて発音した音も

Tと認識されますので、Tを発音しないように注意してください。


実際にDefinitelyを使って、Tを破裂させて発音するパターンTを止めて発音するパターンで発音して比べてみましょう。


Definitely Defini(te)ly


みなさんは、どちらの方が発音しやすかったですか?


tを止めて発音する方が、下の動きが減るので発音しやすかったのではないかと思います。


✅私たちが日本語を話すとき、話しやすいように略語を使うと同じように、ネイティブの人たちもルールとかあるものの、発音がしやすいようにどんどん音を変えていきます。


-tly-dlyの発音をマスターする


では、他の単語も見てみましょう!


recently

recent(形容詞)+ly→recen(t)ly(副詞)


absolutely

absolute(形容詞)+ly→absolu(te)ly(副詞)


currently

current(形容詞)+ly→curren(te)ly(副詞)


*currentは、発音する時にcur-ren(t)で分けてあげると発音しやすいかと思います。


ぜひ動画をみながら練習して-tly-dlyの発音を習得してみて下さい!一緒に頑張りましょう!






閲覧数:7回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page